トップページABホームABマンション資産形成コンサルタントKey System不動産情報施工実績リンク

■ABマンションのご紹介
■ABマンションはココが違います
■ABマンションの特徴
  外観のご紹介
  内装・設備のご紹介
■賃貸マンション経営事業STARTまでの流れ
■マンション経営による、安心の税金対策
■施工例
■見学会のお知らせ
■資料請求

■ABマンションは、オーナー様の諸々のご希望に対応できる様、
●WBシリーズ       ●RBシリーズ 
●HBシリーズ
●SBシリーズ

を現在開発中です。ご期待下さい。


■大進建設株式会社

〒385-0051
長野県佐久市中込3089-2
Tel:0267-62-1050
Fax:0267-62-6300
E-mail:
info@mymydaishin.co.jp

●相続税の節税対策

1億8千万円の評価額の土地にマンション経営による相続税対策を講じた場合、評価額の軽減効果はなんと70%近くまで引き下げられます

ケース 相続税対策を
何も行わなかった場合
相続税対策後
1年経過した場合
土地 1億8,000万円 1億4,700万円
建物 0円 8,800万円
負債控除 0円 ▲1億8,000万円
合計 1億8,000万円 5,500万円

節税の事例
● 敷地面積/300坪
● 計画建物/地上4階建て賃貸マンション1棟(RC造、3LDK×16戸)
● 総続税路線価/60万円/坪(借地権割合60%、借家権割合30%と想定)
● 土地評価格/60万円×300坪=1億8,000万円
● 建築費/1億8,000万円(全額借入と想定)

同じ評価額の建物でも、賃貸マンションの場合はその土地が「貸家建て付け地」となって、土地・建物ともに相続税の評価が一般の住宅よりも低くなり、相続税への課税が軽減されます。また、相続時に建築に係わるローン債務が残っている場合には、その分が評価額から差し引かれ、相続税の大幅な節税となります。
※概算による参考例の為、実際の数値とは多少異なります。

●固定資産税対策

遊休地にマンションを建てると、土地の固定資産税は6分の1、建物に対する固定資産税も5年間は2分の1に軽減されます。駐車場などへの転用よりはるかに有利な固定資産税の節税となります。
※軽減には、それぞれ要件があります。

●所得税対策

賃貸マンション経営では、建物の減価償却、借入金の金利、管理維持費などが必要経費として認められ、実収よりも所得が少なくみなされ、不動産所得税が軽減されます。また赤字とみなされる場合で、経営者が給与所得者の場合には、給与所得からもマンション経営の経費分が差し引かれ、所得税が軽減されます。

●不動産取得税対策

賃貸住宅一戸当たりの面積が40m2以上240m2以下のものについては、固定資産税評価額より一定額が軽減されます。
略計算式=(固定資産税評価額-戸数×1,200万円)×3%

節税や土地活用については
「佐久平資産形成勉強会」
で定期勉強会を行っています。